プライバシーポリシー
個人情報のお取り扱いについて
2007年7月1日制定
2007年8月1日開示
■基本指針
株式会社フィフティ・ヴィジョナリーは、お客様の個人情報(「個人情報の保護に関する法律」(平成15年法律第57号)が定義する「個人情報」をいい、以下「個人情報」といいます。)の重要性を十分認識し、最大の注意を払うよう努めます。
弊社は、お客様に弊社のサービスをご提供するために、インターネット取引、商品のご注文、各種お問い合わせ等に際して、必要な範囲でお客様の個人情報をご提供いただくことがあります。
ご提供いただく場合には、できる限り当該個人情報の利用目的を特定したうえで、当該利用目的をお客様に公表、もしくは開示いたします。
■お客様情報の使途
お客様に無断で個人情報を収集することはございません。
下記のような場合に個人情報を提供していただくようお願いしています。個人情報は、その目的以外の使途には利用しないこととしています。
  • お客様からのご意見、ご要望に対して対応する為。
  • お客様からご注文いただいた商品、ご請求されたカタログ等をお届けする為。
  • 弊社の価値のあるサービスを提供する為。
  • 何らかの理由により、顧客との接触の機会を求められた時に対応する為。
■個人情報の保護/管理
弊社がお客様の個人情報を管理する際は、管理責任者を置き、厳重な管理を行なうとともに、外部への不正流出、紛失、改ざんを防止するために、厳重なセキュリティ対策を実施します。
お客様により良いサービスを提供するため、個人情報の取扱いを外部に委託することがあります。この場合、弊社にて個人情報を適正に取り扱っていると認められる委託先を選定・審査し、委託契約等において、情報の管理、秘密保持、再提供の禁止等、漏洩等が発生しないよう必要な事項を取り決め、機密保持に関する契約の取り交わしをします。
■個人情報の開示について
弊社は、お客様ご自身の同意なしに、お客様の個人情報を業務委託先以外の第三者に開示することはありませんが、法令等で認められる場合もしくは、以下の状況が発生した場合は、お客様のご承諾なく、個人情報の開示を行なうことがあります。
  • 法令により開示を求められた場合、又は正式に裁判所、当局等の公的機関から開示要求が発生した場合。
  • 弊社に不利益を及ぼす行為をしたことが判明した際に裁判所、警察その他関係諸機関・利害関係人に通知する場合。